モバイルデータの保護が管理者の大きな課題に--各国の調査結果(チェック・ポイント) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.20(月)

モバイルデータの保護が管理者の大きな課題に--各国の調査結果(チェック・ポイント)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社(チェック・ポイント)は12月13日、世界各国のITセキュリティ管理者を対象としたアンケート調査の結果を発表した。この調査は、北中南米、欧州、日本を含むアジア太平洋、および中東のITセキュリティ管理者220人以上を対象に、2010年9月に実施したもの。調査結果によると、多くの管理者が2011年に自社のネットワークへ接続するユーザ数が大幅に増えると見込んでおり、54%が特にリモートユーザによる接続が増えると予測している。これにより、モバイルデータや複雑なIT環境を保護するIT管理者の負担は増大する傾向にあることが明らかになっている。

調査結果では、64%の組織がリモートユーザの増加による機密データの漏洩を懸念している。モバイルワーカーの著しい増加を示す現実に反し、70%の回答者は依然として業務用ノートPCにデータの暗号化を導入していないと認め、87%の組織はUSBやポータブル・メディアデバイスを暗号化していないと答えた。なお、52%の組織はモバイルワーカーの持続的な増加を見込み、モバイルPCにVPNクライアントを導入し、来年中にはディスク暗号化(23%)、暗号化USB(20%)、データ損失防止対策(17%)を導入する予定であると答えた。

http://www.checkpoint.co.jp/pr/2010/20101213GlobalEndpointSurvey.html

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

調査・レポート・白書 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 2016年の個人情報漏えい調査、件数の減少は小規模漏えいの非公表化か(JNSA)

    2016年の個人情報漏えい調査、件数の減少は小規模漏えいの非公表化か(JNSA)

  2. 最多脆弱性ブラウザはChrome、最もパッチが適用されていないブラウザは(フレクセラ)

    最多脆弱性ブラウザはChrome、最もパッチが適用されていないブラウザは(フレクセラ)

  3. 狙われるATM、ネットワーク感染やATMマルウェアの地下市場での販売を確認(トレンドマイクロ)

    狙われるATM、ネットワーク感染やATMマルウェアの地下市場での販売を確認(トレンドマイクロ)

  4. PCのWebカメラで覗き見される脅威は知りつつも、物理的対策は4割に満たず(Avast)

  5. 産業用制御システムでもランサムウェアを検知--上半期レポート(カスペルスキー)

  6. セキュリティ関連機器・システム/サービス市場、需要のピークは2019年か(富士経済)

  7. ネットワークセキュリティ市場は堅調に拡大、不正アクセス監視やSSOに注目(富士キメラ総研)

  8. ランサムウェアの被害件数は前年から約3.5倍、検出台数は約9.8倍に(トレンドマイクロ)

  9. 2016年の個人情報漏えい、「紛失・置き忘れ」原因が大きく後退(JNSA)

  10. 文部科学省「教育情報セキュリティポリシーに関するガイドライン」策定のポイント(ALSI)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×