モバイルデータの保護が管理者の大きな課題に--各国の調査結果(チェック・ポイント) | ScanNetSecurity
2021.09.21(火)

モバイルデータの保護が管理者の大きな課題に--各国の調査結果(チェック・ポイント)

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社(チェック・ポイント)は12月13日、世界各国のITセキュリティ管理者を対象としたアンケート調査の結果を発表した。この調査は、北中南米、欧州、日本を含むアジア太平洋、および中東のITセキュリティ管理者22

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社(チェック・ポイント)は12月13日、世界各国のITセキュリティ管理者を対象としたアンケート調査の結果を発表した。この調査は、北中南米、欧州、日本を含むアジア太平洋、および中東のITセキュリティ管理者220人以上を対象に、2010年9月に実施したもの。調査結果によると、多くの管理者が2011年に自社のネットワークへ接続するユーザ数が大幅に増えると見込んでおり、54%が特にリモートユーザによる接続が増えると予測している。これにより、モバイルデータや複雑なIT環境を保護するIT管理者の負担は増大する傾向にあることが明らかになっている。

調査結果では、64%の組織がリモートユーザの増加による機密データの漏洩を懸念している。モバイルワーカーの著しい増加を示す現実に反し、70%の回答者は依然として業務用ノートPCにデータの暗号化を導入していないと認め、87%の組織はUSBやポータブル・メディアデバイスを暗号化していないと答えた。なお、52%の組織はモバイルワーカーの持続的な増加を見込み、モバイルPCにVPNクライアントを導入し、来年中にはディスク暗号化(23%)、暗号化USB(20%)、データ損失防止対策(17%)を導入する予定であると答えた。

http://www.checkpoint.co.jp/pr/2010/20101213GlobalEndpointSurvey.html

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×