パナソニック製ICレコーダー2機種にウイルスが混入、製造上の不備が原因(パナソニック) | ScanNetSecurity
2022.05.18(水)

パナソニック製ICレコーダー2機種にウイルスが混入、製造上の不備が原因(パナソニック)

パナソニック株式会社は11月26日、同社製ICレコーダー2機種(RR-US571/RR-XS600)において、本体に内蔵されたフラッシュメモリにウイルスが混入していることが判明したと発表した。これは同社の製造上の不備が原因としており、該当製品を持つユーザに対してウイルス駆除

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
パナソニック株式会社は11月26日、同社製ICレコーダー2機種(RR-US571/RR-XS600)において、本体に内蔵されたフラッシュメモリにウイルスが混入していることが判明したと発表した。これは同社の製造上の不備が原因としており、該当製品を持つユーザに対してウイルス駆除を行うよう求めている。なお、混入したウイルスは低リスクのウイルスで、感染しても危害を及ぼさないタイプとしている。

http://panasonic.jp/support/audio/info/ic_rec.html

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×