「Tripwire」を利用したSaaS型変更管理サービスを協業により提供(日本ユニシス、KCCS) | ScanNetSecurity
2021.10.26(火)

「Tripwire」を利用したSaaS型変更管理サービスを協業により提供(日本ユニシス、KCCS)

日本ユニシス株式会社は10月7日、京セラコミュニケーションシステム株式会社(KCCS)と協業し、変更管理ソリューション「Tripwire」を利用したSaaS型変更管理サービス「iSECURE Tripwire for SaaS」を11月1日より販売開始すると発表した。本サービスは、Tripwire」を使っ

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
日本ユニシス株式会社は10月7日、京セラコミュニケーションシステム株式会社(KCCS)と協業し、変更管理ソリューション「Tripwire」を利用したSaaS型変更管理サービス「iSECURE Tripwire for SaaS」を11月1日より販売開始すると発表した。本サービスは、Tripwire」を使ってユーザの管理者にインターネット上で管理画面を提供する日本初の変更管理サービス。

月額利用のSaaS型サービスであるため、初期投資を抑え、かつ短期間でサービスを開始できることが特徴。インターネット接続環境とブラウザさえあれば、指定サーバの変更管理が可能。DMZ上の外部公開サーバだけでなく、イントラネット内のサーバも対象とした変更の検知が可能なため、システムダウンや情報漏えいのリスクを軽減できる。また両社の協業により、より強固なサポートと独自サービスを提供する。

http://www.kccs.co.jp/press/release/101007.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×