約3割の高校生がウイルスの被害を経験、半数がCGMに個人情報を書き込む(マカフィー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.08.17(木)

約3割の高校生がウイルスの被害を経験、半数がCGMに個人情報を書き込む(マカフィー)

製品・サービス・業界動向 業界動向

マカフィー株式会社は9月22日、日本の高校生のCGMに対する意識や利用実態を明らかにした「高校生のCGM 利用実態」の調査結果を発表した。この調査は9月10日から13日、日本国内に住む15歳から18歳の高校生および高専生を対象に、インターネットリサーチによって実施されたもの。有効回答数は1,030サンプル。調査結果によると、高校生がよく発言や書き込みをしているCGMは、1位 ブログ(47.5%)、2位 Twitter(27.9%)、3位 チャット(27.1%)、4位mixi(25.7%)、5位プロフ(25.0%)であった。CGMに書き込みをしたことのある高校生のうち、約半数(47.3%)が自分や他人に関する個人情報を書き込んだことがあると回答しており、その傾向は男子(34.9%)より女子(57.4%)の方が強いことが判明した。

書き込んだことがある個人情報は、31.1%が自分や他人の状況、21.6%が自分や他人の写真となっており、19.6%は自分や他人の氏名、また女子高校生の約3人に1人が自分の写真(30.4%)を、また約4人に1人が自分の氏名(25.5%)を書き込んでいることが明らかになった。さらに、PCを使用する上で実際に遭った被害で最も多かったのは、迷惑メール(61.2%)によるもので、約3割(29.6%)の高校生は過去ウイルスの被害に遭遇していた。また、約10人に1人の割合で、ワンクリック詐欺(14.9%)や、なりすまし(11.4%)などの被害に遭遇していた。

http://www.mcafee.com/japan/about/prelease/pr_10b.asp?pr=10/09/22-1
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. ルートゾーンKSKの情報更新など呼びかけ、期限は9月19日まで(総務省)

    ルートゾーンKSKの情報更新など呼びかけ、期限は9月19日まで(総務省)

  2. ネットユーザの1/4が影響する可能性、KSKロールオーバーの特設ページ更新(JPNIC)

    ネットユーザの1/4が影響する可能性、KSKロールオーバーの特設ページ更新(JPNIC)

  3. リニューアルされた「JSOC」運用開始前に潜入

    リニューアルされた「JSOC」運用開始前に潜入

  4. ランサムウェアの暗号化動作を検知し停止させる「RansomFree」日本語版無償提供開始(サイバーリーズン・ジャパン)

  5. 3DS「ドラクエXI」に第三者が違法にデータ改ざんしたヨッチ族を確認(スクウェア・エニックス)

  6. SOC運用ノウハウの反映で攻撃プロセスを可視化、検知後の対応を効率化(PFU)

  7. VMwareのモバイル基盤サービスを自社導入ノウハウ加え提供、働き方改革にも(NEC)

  8. DDoS緩和およびWAFのクラウドサービスに、JSOCが対応するMSSを提供(ラック、アカマイ)

  9. サイバー攻撃対策要員養成アカデミーに産業制御系システム対応コースを新設(DNP)

  10. 家庭や学校、企業で利用可能な初心者向け学習資料をシリーズで無償提供(トレンドマイクロ)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×