「Here you have」というスパムメールで届くウイルスの危険度を引き上げ(マカフィー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.23(火)

「Here you have」というスパムメールで届くウイルスの危険度を引き上げ(マカフィー)

製品・サービス・業界動向 業界動向

マカフィー株式会社をはじめとするセキュリティ対策ベンダは9月10日、ウイルス「W32/VBMania@MM」を「危険度:中」としたと発表した。同ウイルスは、「Here you have」という件名を持つ大量送信されたスパムメールで確認されている。スパムメールの一部として届き、実行時には感染したhostsの連絡先のリストにあるアドレスを自動収集し、自身を電子メールで送信する。また、autorunを介して拡散する機能が組み込まれており、ネットワーク共有、リムーバブルドライブに拡散する。

Exchange Serverを使用している組織など、連絡先を大量に含むような企業ネットワークで感染が拡大すると、さらに大量のメールがローカルネットワークで送信され、メールサーバの機能が低下する可能性がある。また、同ウイルスに内蔵されたSMTP/ESMTPエンジンが感染システムのIPアドレスやシステム情報などの情報を盗み出そうとする。メールには一見、.pdfファイルや.wmvビデオファイルのように見える.scrファイルを含んでおり、絶対にリンクをクリックしないよう呼びかけている。

http://www.mcafee.com/japan/about/prelease/pr_10b.asp?pr=10/09/10-1
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×