マルウェアが過去最高のペースで増加、特にスパイウェアの伸びが目立つ(G Data) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

マルウェアが過去最高のペースで増加、特にスパイウェアの伸びが目立つ(G Data)

製品・サービス・業界動向 業界動向

G Data Software株式会社は9月8日、「G Dataマルウェアレポート〜2010年上半期〜」(日本語版)を作成したと発表した。本レポートは、マルウェアの現状を正しく把握し、しっかりとした対策をたてるための資料としての活用を目的としたもの。レポートでは2010年上半期のトピックとして、マルウェア数が引き続き上昇しており、過去最高のペースで増加したことや、トロイの木馬系、特にスパイウェアの伸びが目立ったことを挙げており、その利用目的は不正にデータを盗み出すことに焦点があてられている。

また、偽ウイルス対策ソフトの増加も目立っている一方で、アドウェアは減少傾向にある。このほか、SNSを通じた攻撃が今後懸念されることや、PDFマルウェアが増加するおそれがあることにも触れている。なお、日本語版では特別編として「日本におけるガンブラー攻撃」を併載した。ガンブラーの基本と対策について簡単にまとめ、さらに改ざん被害に遭った法人サイト一覧を用意している。関係者はこれを機会に、改めてガンブラー対策を実行して欲しいとしている。

http://gdata.co.jp/press/archives/2010/09/post_93.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×