Confickerワームが再度活発化、サーバのパッチ管理などの強化が肝要(マカフィー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.19(木)

Confickerワームが再度活発化、サーバのパッチ管理などの強化が肝要(マカフィー)

製品・サービス・業界動向 業界動向

マカフィー株式会社は9月8日、ワーム「W32/Conficker(Conficker)」が再度活発化しているとして、直近の感染動向を発表した。同社McAfee Labsではデータセンターで把握している情報をもとに毎月、サイバー脅威の傾向を公表しているが、ここ数カ月における特徴的な点としてConfickerがウイルス検知会社数のランキングに入っていることを挙げている。

Confickerは2007年末から2008年にかけて流行したが、再度活発化している。最近の感染傾向としては、初動として「リモートからWindowsの脆弱性(MS08-067が適用されていない)をついた実行」「管理共有を経由した、ファイルのコピーとタスク実行」が大半を占めている。企業もこれらへの対策を行っているが、複雑なパスワードを設定することで安心してしまい、管理共有によるアウトブレークにより再感染するケースが増えている。また、業務の可用性を優先する傾向があり、結果的にWindowsのMS08-067のパッチを適用していないサーバが感染することが多いとしている。

http://www.mcafee.com/japan/security/mcafee_labs/blog/jp_conficker-warm.asp
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×