「安全」なだけでは「安心」してインターネットを利用できない日本人(NTTほか) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

「安全」なだけでは「安心」してインターネットを利用できない日本人(NTTほか)

製品・サービス・業界動向 業界動向

国立大学法人東京大学(東京大学)、学校法人東洋大学(東洋大学)、日本電信電話株式会社(NTT)は9月2日、インターネットをより安心して利用できるよう、インターネット利用に対して抱く「安全」と「安心」の意識の構造を明らかにすることを目的として、インターネット利用に際してのクレジットカード情報の悪用やウイルスなどの被害経験など、「安心」「不安」の感覚について世界10カ国(日本、アメリカ、中国、イギリス、韓国、ドイツ、フランス、フィンランド、シンガポール、チリ)の15〜69歳の男女、各国それぞれ330名(合計3,300名)を対象に実施した国際比較調査の結果を発表した。

調査結果では、日本人は他国よりも多くのユーザがネット利用について不安を抱いており、「安全」なだけでは「安心」してインターネットを使うことができないという「安心と安全の乖離」が明らかになった。たとえば、他人によってインターネット上に自宅住所や電話番号を勝手に載せられてしまう経験は10カ国中9位(1.2%)と低い値であるにもかかわらず、このことを不安に思う割合は10カ国中2位(82.7%)と高い値となっている。この原因として、日本は個人情報保護に対する意識が高いことなどを挙げている。

http://www.ntt.co.jp/news2010/1009/100902a.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×