フィッシング届出件数は増加傾向、携帯ユーザ狙いやフォームメールも(フィッシング対策協議会) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.25(金)

フィッシング届出件数は増加傾向、携帯ユーザ狙いやフォームメールも(フィッシング対策協議会)

製品・サービス・業界動向 業界動向

フィッシング対策協議会は9月1日、2010年8月度のフィッシング情報届出状況を発表した。発表によると、8月度における海外を含むフィッシング届出件数は58件で、前月度から35件増加した。また、フィッシングサイトのユニークなURL数は前月度より13件増加の46件、ブランド名を悪用された海外を含む企業の数は前月度より13件増加の19件となっている。

8月はVISAやマスターカードを騙るフィッシングサイトの報告が多く、またモバゲーやGREEといった携帯ユーザを狙ったフィッシングサイトも増えており、月末にはプレイオンラインを騙ったフィッシングサイトも見つかった。さらに、メール自体が名前やカード番号などの入力を促す入力フォームになっているフィッシングメールの報告も寄せられた。同協議会では、不審なメールやサイトを見つけた場合は、サービス事業者か同協議会まで連絡するよう呼びかけている。

http://www.antiphishing.jp/information/information457.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×