危険なWebサイトは減少するも、個人運営ゲームサイトの改ざん被害が急増(セキュアブレイン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.23(火)

危険なWebサイトは減少するも、個人運営ゲームサイトの改ざん被害が急増(セキュアブレイン)

製品・サービス・業界動向 業界動向

株式会社セキュアブレインは8月27日、「セキュアブレイン gred セキュリティレポートVol.13(2010年7月分統計)」を発表した。本レポートは、同社が運用する、無料のWebセキュリティサービス「gredでチェック」で収集した情報を基に「セキュアブレイン先端技術研究所」で分析を行ったもの。レポートによると、「危険」と判断されたWebサイトの件数は5,061件(前月比90.7%)と、2010年の統計では初めて減少傾向に転じた。脅威別の検知数では、「ワンクリック不正請求」が前月の1,197件から733件と大幅に減少している。

Webサイト改ざん被害の内訳では、企業が48%、個人が47%となっており、改ざん被害を受けた個人サイトの内訳はゲームサイトが55%、個人ブログが35%とゲームサイトへの被害が拡大している。オンラインゲームの運営者は日本に限らず、韓国、台湾、米国のサイトがあり、その多くは個人で運営されている。改ざんされたことに気づかず「放置」され、長期間にわたり被害が拡大する可能性があるという。また、「ワンクリック不正請求を行っているウェブサイト」への誘導手法が多様化していることも指摘している。

http://www.securebrain.co.jp/about/news/2010/08/gred-report13.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×