利用者など112名の個人情報を記録したUSBメモリの紛失が判明(コープかながわ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.19(水)

利用者など112名の個人情報を記録したUSBメモリの紛失が判明(コープかながわ)

生活協同組合コープかながわは8月16日、同生協の福祉事業(居宅介護支援事業・訪問介護事業)を行っているコープケアサポートセンター戸塚において、一部の個人情報を紛失したことが判明した発表した。これは8月11日夕方、コープケアサポートセンター戸塚の介護支援専門

製品・サービス・業界動向 業界動向
生活協同組合コープかながわは8月16日、同生協の福祉事業(居宅介護支援事業・訪問介護事業)を行っているコープケアサポートセンター戸塚において、一部の個人情報を紛失したことが判明した発表した。これは8月11日夕方、コープケアサポートセンター戸塚の介護支援専門員がUSBメモリを紛失したことに気付いたというもの。同センターでは周辺の捜索および警察への届け出を行っているが、現在のところ発見には至っていない。

紛失が判明したUSBメモリには、同センターの利用者47名および関係者65名、合計112名の個人情報(氏名・電話番号)一覧データが記録されていた。同生協では情報管理には厳格に対応し、個人情報をUSBメモリに入れて事業所外に持ち出すことを原則として禁じているとしている。

http://www.kanagawa-coop.or.jp/news/10news/100816.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×