SNSを標的とするオンライン詐欺が拡大中、インド「Orkut」の例を紹介(マカフィー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.22(日)

SNSを標的とするオンライン詐欺が拡大中、インド「Orkut」の例を紹介(マカフィー)

製品・サービス・業界動向 業界動向

マカフィー株式会社は8月23日、SNSをターゲットにしたオンライン詐欺の一例として、インドで最も人気の高いSNSを使用したオンライン詐欺について紹介している。インドからのトラフィックのうち15%以上を占める「Orkut」は、インドで最も利用されているSNS。詐欺師は、ITにさほど精通していないOrkut利用者になりすまし、ユーザをターゲットにしている。

彼らは、セキュリティを侵害された数千件のOrkutアカウントのユーザプロフィールを更新し、さまざまなフィッシングサイトにリンクさせている。このようなフィッシングサイトではOrkutのアダルト版を自称しており、アクセスしたユーザを騙して、個人情報を漏洩させようとする。同社では、サイトに個人情報を入力するときには、そのWebサイトをよく調べてから入力するよう呼びかけている。そして、自分が安全であり保護されていることを常に確認するとともに、このような詐欺には近づかないことが重要としている。

http://www.mcafee.com/japan/security/mcafee_labs/blog/sex-the-bait-in-mass-orkut-compromise.asp
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×