「キャメロン・ディアス」の検索結果、10%の確率で危険なWebサイトへ(マカフィー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.23(火)

「キャメロン・ディアス」の検索結果、10%の確率で危険なWebサイトへ(マカフィー)

製品・サービス・業界動向 業界動向

マカフィー株式会社は8月19日、米McAfee社による「サイバー空間で最も検索リスクの高い有名人 2010」を発表した。これによると、キャメロン・ディアスがジェシカ・ビールに代わって米国のWeb検索にとって最も危険な有名人となった。映画スターとモデルの危険率が高い一方で、バラク・オバマやサラ・ペイリンなどの政治家の危険率は低いことが判明した。サイバー犯罪者は、人気のある有名人の名前を使用して、ユーザを不正なソフトウェアが数多く掲載されているWebサイトに誘導しようとする。

キャメロン・ディアスの最新の画像とダウンロード素材を検索すると、約10%の確率でスパイウェア、アドウェア、フィッシング、ウイルスやその他のマルウェアといったオンライン脅威が検出されたWebサイトに接続してしまう可能性がある。以下、インターネット検索で危険な有名人は、2位がジュリア・ロバーツ、3位がジェシカ・ビール、4位がジゼル・ブンチェン、5位がブラッド・ピットなどとなっている。

http://www.mcafee.com/japan/about/prelease/pr_10b.asp?pr=10/08/19-1
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×