「ToolTalkデータベース・サーバ」のパーサに深刻な脆弱性を発見(チェック・ポイント) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.22(日)

「ToolTalkデータベース・サーバ」のパーサに深刻な脆弱性を発見(チェック・ポイント)

製品・サービス・業界動向 業界動向

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社は7月28日、同社のIPSリサーチチームが「ToolTalkデータベース・サーバ」のパーサに深刻な脆弱性を発見したと発表した。この問題が悪用されると、リモートから任意のコードを実行される可能性がある。この脆弱性は、データベースファイルの作成と管理を行うRPCベースのToolTalkデータベース・サーバに存在し、IBM AIXバージョン6.1.3以前、Sun Solaris 10 Sparc/x86以前、HP HP-UX 11.0以前を使用しているすべてのシステムユーザが影響を受ける。

同社の「IPS Software Blade」および「NGX SmartDefenseソリューション」は、この脆弱性を攻撃するリクエストを検出し遮断できるとしており、また同製品はMicrosoftより修正パッチが公開された「Windowsのヘルプとサポート・センター(HSC)の脆弱性」と「Canonical Display Driverの脆弱性」のゼロデイ脆弱性にも対応していた。

http://www.checkpoint.co.jp/pr/2010/20100728ToolTalk_MediaAlert.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×