ワンタイムパスワードを回避するフィッシング攻撃を確認(RSAセキュリティ) | ScanNetSecurity
2021.11.30(火)

ワンタイムパスワードを回避するフィッシング攻撃を確認(RSAセキュリティ)

RSAセキュリティ株式会社は7月28日、フィッシングやオンライン犯罪関連ニュース「Monthly AFCC NEWS Vol.36」を発行し、併せて都内で記者説明会を行った。新しい攻撃手法として、携帯電話のショートメッセージを連絡手段としたワンタイムパスワードの回避方法が報告され

製品・サービス・業界動向 業界動向
RSAセキュリティ株式会社は7月28日、フィッシングやオンライン犯罪関連ニュース「Monthly AFCC NEWS Vol.36」を発行し、併せて都内で記者説明会を行った。新しい攻撃手法として、携帯電話のショートメッセージを連絡手段としたワンタイムパスワードの回避方法が報告されている。同攻撃は、マン・イン・ザ・ミドルというリアルタイムで人間が介在する攻撃を行うことで、銀行などの利用者の携帯電話に直接届けられるワンタイムパスワードを騙し取る。

RSAセキュリティの水村明博氏は、こうした攻撃への対策として、従来の本人認証だけではなく、利用者の行動分析を行って異常を検知するような、多層的対策の必要性が今後高まると述べ、同社のサービスRSA Transaction Monitoringの紹介を行った。

http://japan.rsa.com/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×