BINDにDoS攻撃を受ける脆弱性、緊急公開された新バージョンへ移行を(JPRS) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.17(水)

BINDにDoS攻撃を受ける脆弱性、緊急公開された新バージョンへ移行を(JPRS)

製品・サービス・業界動向 業界動向

株式会社日本レジストリサービス(JPRS)は7月16日、「BIND 9.7.1」および9.7.1-P1のRRSIGレコードの処理には不具合があり、DNSSECの信頼の連鎖が構築された任意のゾーンの権威DNSサーバに対し、namedを利用した遠隔からのDoS攻撃が可能となる脆弱性があることが開発元のISCより報告されたと発表した。同時に本脆弱性を解決した新バージョン「BIND 9.7.1-P2」が緊急公開されている。

JPRSでは本脆弱性への対策として、キャッシュDNSサーバとしてトラストアンカーを設定してDNSSECを有効にする場合、「BIND 9.7.1」および「9.7.1-P1」は使用せず、「BIND 9.7.1-P2」への更新を事前に実施したうえで有効にするよう呼びかけている。

http://jprs.jp/tech/security/bind971-vuln-rrsig.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×