BINDにDoS攻撃を受ける脆弱性、緊急公開された新バージョンへ移行を(JPRS) | ScanNetSecurity
2021.12.07(火)

BINDにDoS攻撃を受ける脆弱性、緊急公開された新バージョンへ移行を(JPRS)

株式会社日本レジストリサービス(JPRS)は7月16日、「BIND 9.7.1」および9.7.1-P1のRRSIGレコードの処理には不具合があり、DNSSECの信頼の連鎖が構築された任意のゾーンの権威DNSサーバに対し、namedを利用した遠隔からのDoS攻撃が可能となる脆弱性があることが開発元の

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社日本レジストリサービス(JPRS)は7月16日、「BIND 9.7.1」および9.7.1-P1のRRSIGレコードの処理には不具合があり、DNSSECの信頼の連鎖が構築された任意のゾーンの権威DNSサーバに対し、namedを利用した遠隔からのDoS攻撃が可能となる脆弱性があることが開発元のISCより報告されたと発表した。同時に本脆弱性を解決した新バージョン「BIND 9.7.1-P2」が緊急公開されている。

JPRSでは本脆弱性への対策として、キャッシュDNSサーバとしてトラストアンカーを設定してDNSSECを有効にする場合、「BIND 9.7.1」および「9.7.1-P1」は使用せず、「BIND 9.7.1-P2」への更新を事前に実施したうえで有効にするよう呼びかけている。

http://jprs.jp/tech/security/bind971-vuln-rrsig.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×