13〜17歳の42%はオンラインでの行動を親に隠す(マカフィー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.26(土)

13〜17歳の42%はオンラインでの行動を親に隠す(マカフィー)

製品・サービス・業界動向 業界動向

マカフィー株式会社は6月30日、米McAfeeによる米国におけるティーンエイジャーのオンライン活動を明らかにしたレポート「親の知らない子供のオンライン生活」を発表した。本調査は5月4日から5月17日にかけてオンラインで実施されたもの。調査の対象は、米国内に住む13〜17歳の子供955人(13〜15歳が593人、16〜17歳が362人)となっている。

調査結果によると、13〜17歳の子供の69%が、所在地など自身の状況をソーシャルネットワーキングサイト上で公開、更新していることや、28%がオフラインの世界で顔見知りでない人とチャットしていることがわかった。また、約50%がネットいじめを受けた場合にどう対処すべきかを把握しておらず、3人に1人はネットにおける「いじめ」をした人物を知っていた。87%が自宅以外の場所からオンラインに接続しており、42%はオンラインでの行動を親に隠していた。

http://www.mcafee.com/japan/about/prelease/pr_10a.asp?pr=10/06/30-1
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×