JPCERT/CCが国内初のCNA認定、脆弱性情報に独自のCVE番号付与が可能に(JPCERT/CC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.17(火)

JPCERT/CCが国内初のCNA認定、脆弱性情報に独自のCVE番号付与が可能に(JPCERT/CC)

製品・サービス・業界動向 業界動向

一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は6月24日、CVE(Common Vulnerabilities and Exposures)を管理・運営する米MITRE社が6月23日付けで、JPCERT/CCをCNA(CVE Numbering Authority:CVE採番機関)に認定したと発表した。この認定によりJPCERT/CCは、国内のパートナーシップや海外から報告された脆弱性関連情報に対し、自らの判断でCVE番号を付与できるようになる。「CVE番号」は、多くの情報公開サイト等において、それぞれ独自の識別子によって公開される脆弱性情報の同一性を確認するための判断材料として広く利用されているもの。

脆弱性情報を公開する際にCVE番号を表示することにより、脆弱性情報の収集を行っているシステム管理者やユーザが、脆弱性情報の同一性の判断をより容易に行うことができるようになる。JPCERT/CCは今回のCNA認定について、世界の脆弱性関連情報流通の枠組みにおいて、代表的な調整機関として重要な役割を担うJPCERT/CCの機能と実績が認められたとしている。なおJPCERT/CCは、同日よりJVNにおいてCVE互換ロゴを掲示する。

http://www.jpcert.or.jp/update.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

製品・サービス・業界動向 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

    次世代FW+Sandbox+SIEM+SOCの管理体制が限界を迎えるとき~三年後を先取りするVectra Networks社製品とは

  2. Raspberry PiにKali linuxをセット、「ホワイトハッカ育成ツール」発売(スペクトラム・テクノロジー)

    Raspberry PiにKali linuxをセット、「ホワイトハッカ育成ツール」発売(スペクトラム・テクノロジー)

  3. 30年度サイバーセキュリティ政府予算730億円、防衛省と厚労省が各45億円超(NISC)

    30年度サイバーセキュリティ政府予算730億円、防衛省と厚労省が各45億円超(NISC)

  4. 自分の利用しているサーバの状況を確認する方法 不正中継確認

  5. ルートゾーンKSKロールオーバーのプロセス開始、DNSパケットサイズに注意(JPRS)

  6. 新アルゴリズムを開発、古い制御システムでもサイバー攻撃対策が可能に(日立)

  7. Apache Strutsの脆弱性リスクの有無を判断できるツールを無料配布(Black Duck Software)

  8. ルートゾーンKSKロールオーバーの「新KSKでの署名開始」を延期(JPRS)

  9. 顔認証システムの現状、顔写真を使った「なりすまし」も3Dデータ照合で防ぐ

  10. マルウェア侵入の検知を高精度化するAI技術を開発、侵入前後の違いを検知(富士通研究所)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×