セキュリティ現場での情報共有のためのレファレンスモデル作成(NISC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.15(木)

セキュリティ現場での情報共有のためのレファレンスモデル作成(NISC)

内閣官房情報セキュリティセンターは6月14日、各専門分野情報共有スキームの連携性及び情報交換モデルに関する検討の成果として、情報セキュリティに関わる一連の報告書を公開した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
内閣官房情報セキュリティセンターは6月14日、各専門分野情報共有スキームの連携性及び情報交換モデルに関する検討の成果として、情報セキュリティに関わる一連の報告書を公開した。

情報セキュリティの脅威や攻撃の複雑化と、包括的な対応が求めれる状況に対応するべく同報告書は、「総括報告書」「リスク要件リファレンスモデル作業部会報告書」「リスク要件リファレンスモデル運用解説」「組織リスク動的判断モデル作業部会報告書」「連携マップ作成作業部会報告書」の5部から構成され、情報セキュリティ分野における分野間での情報共有、システム開発受発注者間の問題意識共有などを目的としている。

内閣官房情報セキュリティセンター
http://www.nisc.go.jp/inquiry/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×