フィッシング対策協議会のURLリストがネットスター製品に反映(ネットスター、フィッシング対策協議会) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.19(月)

フィッシング対策協議会のURLリストがネットスター製品に反映(ネットスター、フィッシング対策協議会)

製品・サービス・業界動向 業界動向

ネットスター株式会社は6月17日、一般社団法人JPCERTコーディネーションセンターが運営するフィッシング対策協議会とフィッシングサイトURLについて連携したと発表した。この連携により、ネットスターはフィッシング対策協議会からフィッシングURLデータの提供を受け、パートナー各社のフィルタリング製品・サービスや迷惑メール対策サービス向けに提供している、同社URLリストへの反映を開始する。

今後これらがネットスターのURLリストの一部として、パートナー各社のフィルタリング製品・サービスや迷惑メール対策に配信されることで、新しいフィッシングサイトの発見後、サイト停止の措置が講じられるまで間に、利用者が意図せずにアクセスし、ID等窃盗などの被害に遭うリスクを低減させることが可能となる。なお、法人向けフィルタリング、携帯電話向けフィルタリングおよび迷惑メール対策への適用としては、日本で初めての取り組みとなる。

http://www.netstar-inc.com/press/press100617.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×