「LZH」アーカイバの開発を中止、JVNへ脆弱性報告では「不受理」(Micco's HomePage) | ScanNetSecurity
2021.12.08(水)

「LZH」アーカイバの開発を中止、JVNへ脆弱性報告では「不受理」(Micco's HomePage)

国産のアーカイバ「UNLHA32.DLL」を提供するMicco氏は6月5日、同プログラムの開発を中止すると発表した。同プログラムは国内で利用度の高い圧縮形式「LZH書庫」を作成、解凍するもので、無料で提供されている。LZH形式のアーカイブには、ZIPやCAB、7zなどと同様に、ヘッ

製品・サービス・業界動向 業界動向
国産のアーカイバ「UNLHA32.DLL」を提供するMicco氏は6月5日、同プログラムの開発を中止すると発表した。同プログラムは国内で利用度の高い圧縮形式「LZH書庫」を作成、解凍するもので、無料で提供されている。LZH形式のアーカイブには、ZIPやCAB、7zなどと同様に、ヘッダ情報を細工することでセキュリティ対策ソフトのスキャンを回避する脆弱性が存在している。

Micco氏は本脆弱性についてJVNに報告しているが、他の圧縮形式においては脆弱性情報が公開され、主要ベンダのセキュリティ対策ソフトでも脆弱性への対応がなされているにもかかわらず、LZH形式では「不受理」との回答であった。こういった背景からMicco氏は、バグフィックスは継続するものの、64ビット版や低レベルAPI追加版の開発は行わないと結論づけたという。また、このような状況にあるLZH書庫を、特に企業・団体において利用することは危険として、利用しないよう呼びかけている。

http://www2.nsknet.or.jp/~micco/notes/ann.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×