マイクロソフトの無償マルウェア対策ソフトに似せた名前のマルウェア(マイクロソフト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.21(月)

マイクロソフトの無償マルウェア対策ソフトに似せた名前のマルウェア(マイクロソフト)

製品・サービス・業界動向 業界動向

マイクロソフト株式会社は5月26日、同社の無償マルウェア対策ソフト「Microsoft Security Essentials(MSE)」を装ったマルウェアが確認されたとして、ブログで注意を呼びかけている。このマルウェアは偽ウイルス対策ソフトで、「Security Essentials 2010」というMSEに似せた名称を使用することでユーザを騙し、インストールさせようとしている。

今回確認されているのは、正規MSEを装った警告画面を表示し、ウイルスを削除していると見せかけて、逆にウイルスに感染させるもの。このマルウェアは、同社のForeFrontやMSEでは「Win32/Fakeinit」などの名前で検出され、駆除が可能だ。同社では改めて、「Security Essentials 2010」という製品は存在せず、「Microsoft Security Essentials(MSE)」が無償マルウェア対策ソフトの正式な製品名であると強調している。

http://blogs.technet.com/b/jpsecurity/archive/2010/05/27/3334034.aspx
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×