メール情報の変更通知などを装い、Googleグループを悪用する攻撃(ネットフォレスト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.19(金)

メール情報の変更通知などを装い、Googleグループを悪用する攻撃(ネットフォレスト)

製品・サービス・業界動向 業界動向

株式会社ネットフォレストは5月14日、Googleグループをマルウェアのホスティングサイトとして悪用した攻撃に関して、Doctor Web社が警告していると発表した。この攻撃により、トロイの木馬「Trojan.Fakealert」の亜種に感染する可能性があるという。この攻撃は、犯罪者が設置したGoogleグループ内のファイルのダウンロードURLが記載されたスパムメールがユーザに送りつけらることから始まる。

このメールには、メールアカウント情報の変更通知といったソーシャルエンジニアリング手法により、ユーザがファイルをダウンロードしたくなるような内容が記載されている。ユーザがメールに記載されたURLをクリックすると、Webブラウザが起動しGoogleグループのサイトに接続する。このページにはファイルのダウンロード用のURLが記載されているが、ダウンロードされるのは偽ウイルス対策ソフトである「Trojan.Fakealert」の亜種のZipファイルだという。

http://drweb.jp/news/20100514.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×