「フィッシング詐欺」および「ワンクリック不正請求」の検知数が急増(セキュアブレイン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.20(火)

「フィッシング詐欺」および「ワンクリック不正請求」の検知数が急増(セキュアブレイン)

製品・サービス・業界動向 業界動向

株式会社セキュアブレインは4月27日、「セキュアブレイン gred セキュリティレポートVol.9」を発表した。このレポートは、同社が運用する、無料のWebセキュリティサービス「gredでチェック」で2010年3月に収集した情報を元にセキュアブレイン先端技術 研究所で分析を行ったもの。レポートによると、2010年3月に危険と判断されたWebサイトの数は4,047件で、2009年5月の統計開始以来の最高値となった。

悪質サイト最新動向では、4月23日にクレジットカード会社を騙ったフィッシング詐欺サイトが報告されているが、これは一般のWebサイトにフィッシング詐欺のコンテンツが作られていた。対象となったWebサイトのFTPのID、パスワードが漏えいし、不正アクセスと改ざんが行われた可能性が考えられることから、Gumblarウイルスとの関連性が高いとしている。2010年3月に危険と判断されたWebサイトのうち、「不正改ざんサイト」の検知件数は609件と前月より半減した一方で、「フィッシング詐欺」および「ワンクリック不正請求」の検知数が急増している。

http://www.securebrain.co.jp/about/news/2010/04/gred-report9.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×