強力新型トロイの木馬「Bugat」分析、フィッシング傾向など、RSAが発表(RSAセキュリティ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

強力新型トロイの木馬「Bugat」分析、フィッシング傾向など、RSAが発表(RSAセキュリティ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

RSAセキュリティ株式会社は4月27日、フィッシングやオンライン犯罪関連ニュース「Monthly AFCC NEWS Vol.33」を発行した。ニュースでは、スケアウェア機能で武装した強力な新型トロイの木馬「Bugat」を取り上げている。「Bugat(別名 Sodast)」は、2010年1月中旬に初めて発見されたトロイの木馬のコード名。このクライムウェアは、金融機関の顧客の個人情報を詐欺行為に利用するために窃取する。感染すると、直後から10分おきにC&Cサーバに対して、設定ファイルの更新や新しいコマンドリストを要求するが、自身の姿を巧妙に隠すことが特徴だ。

2010年3月の統計レポートでは、3月のフィッシング攻撃の合計回数は17,579回と、2月に続き前月比5%の減少となった。また、Fast-flux型攻撃は全体の14%にとどまり、さらに比率を下げている。攻撃を受けたブランド数(275社)は、2月の282社に対しわずかながら減少となった。フィッシング攻撃を受けた国の回数別ランキングでは、英国がトップに立つという興味深い新しい傾向が見られた。ブランド数では2月の傾向を引き継いでおり、米国が48%、英国が18.5%と両国で世界の66.5%を占めた。

http://japan.rsa.com/
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×