VISAを騙って偽サイトに誘導しようとするフィッシングメールを確認(フィッシング対策協議会) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.24(月)

VISAを騙って偽サイトに誘導しようとするフィッシングメールを確認(フィッシング対策協議会)

フィッシング対策協議会は4月23日、VISAを騙って偽サイトに誘導しようとするフィッシングメールを確認したとして注意喚起を発表した。Visaの問い合わせ窓口には22件、フィッシング対策協議会には14件の報告があったという。4月23日14時現在、少なくとも7種の同フィッシン

製品・サービス・業界動向 業界動向
フィッシング対策協議会は4月23日、VISAを騙って偽サイトに誘導しようとするフィッシングメールを確認したとして注意喚起を発表した。Visaの問い合わせ窓口には22件、フィッシング対策協議会には14件の報告があったという。4月23日14時現在、少なくとも7種の同フィッシングサイトが稼働中であり、同協議会はJPCERT/CCにサイト閉鎖の調査を依頼しているという。

このフィッシングメールは英語のもので、「Verified by visa critical problem」「Visa Alert」「Visa Account Holder」などの件名で「詐欺対策のためにカードサービスを中断しているので、カード情報を再入力してサービスを復活させてください」として、カード情報を入力するようフィッシングサイトに誘導する。

http://www.antiphishing.jp/alert/alert1065.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×