Webアプリケーションの脅威トップ10、OWASP TOP 10の2010年版を公開(OWASP) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.16(月)

Webアプリケーションの脅威トップ10、OWASP TOP 10の2010年版を公開(OWASP)

製品・サービス・業界動向 業界動向

Open Web Application Security Project(OWASP)は4月19日、「OWASP Tpo 10 - 2010」を発表した。これは、Webアプリケーションの脆弱性をランキングしたもので、2003年より提供されている。PCI DSSやMITRE、DISAなどが参照していることでも有名なランキングとなっている。今回のランキングは以下の通り。

1位:Injection
2位:Cross-Site Scripting (XSS)
3位:Broken Authentication and Session Management
4位:Insecure Direct Object References
5位:Cross-Site Request Forgery (CSRF)
6位:Security Misconfiguration
7位:Insecure Cryptographic Storage
8位:Failure to Restrict URL Access
9位:Insufficient Transport Layer Protection
10位:Unvalidated Redirects and Forwards

http://www.owasp.org/index.php/Category:OWASP_Top_Ten_Project
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×