1〜2月のスパム発信国1位はブラジル、エサはブラジル人女性のビデオなど(Panda Security) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.19(水)

1〜2月のスパム発信国1位はブラジル、エサはブラジル人女性のビデオなど(Panda Security)

Panda Securityは3月25日、2010年1月から2月のスパム分析結果をブログにおいて発表した。これは、1月と2月に発生したスパムメッセージ約500万通をPandaLabsによって分析したもの。これらのメールは合計約100万の異なるIPアドレスから送信されており、これは各IPアドレス

製品・サービス・業界動向 業界動向
Panda Securityは3月25日、2010年1月から2月のスパム分析結果をブログにおいて発表した。これは、1月と2月に発生したスパムメッセージ約500万通をPandaLabsによって分析したもの。これらのメールは合計約100万の異なるIPアドレスから送信されており、これは各IPアドレスが平均5通のスパムメッセージを受け持っていることを意味している。1月から2月の世界スパム発信ランキングのトップはブラジルであった。

スパムメッセージは、それ自体が主に脅威を配布したり違法な製品を販売することに使われており、使用されるソーシャルエンジニアリングテクニックの一部ではブラジル人女性のビデオや写真から誘導していた。2位以下はインド、ベトナム、韓国、米国と続いた。なお、日本は1月は45位、2月は48位となっている。またスパムが送信されていた都市では、ソウル(韓国)、ハノイ(ベトナム)、ニューデリー(インド)、ボゴダ(コロンビア)、サンパウロ(ブラジル)が上位を占めた。

http://pandajapanblogs.blogspot.com/2010/03/12-2010.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×