SNS構築ソフト「OpenPNE」に、なりすましの脆弱性(IPA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.18(水)

SNS構築ソフト「OpenPNE」に、なりすましの脆弱性(IPA)

製品・サービス・業界動向 業界動向

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は3月5日、ソーシャル・ネットワーク・サービス(SNS)構築ソフトウェア「OpenPNE」に、IPアドレス帯域制限機能の処理が原因で、登録した携帯電話以外から、その携帯電話になりすましてアクセスできる脆弱性が確認されたとして注意喚起を発表した。この脆弱性が悪用されると、「OpenPNE」に保存されている個人情報が悪意あるユーザに漏えいしたり、書き換えられる可能性がある。

「OpenPNE」は、PC用のWebサイトだけでなく携帯電話用のWebサイトも作成できる。「OpenPNE」の携帯電話用のWebサイトにユーザが自分の携帯電話を登録しておくと、ユーザが自分の専用画面に簡単にアクセスすることが可能だ。脆弱性が存在するのは「OpenPNE 2.13.2から2.14.4まで」。開発者(株式会社手嶋屋など)は、この脆弱性を解消する新バージョンを公開しており、対策済みバージョンへの更新、または開発者が提供する情報をもとに回避策を実施するよう呼びかけている。

http://www.ipa.go.jp/security/vuln/alert/201003_openpne.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×