2009年のサイバー犯罪検挙件数は過去最多、不正アクセス禁止法違反が増加(警察庁) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.22(月)

2009年のサイバー犯罪検挙件数は過去最多、不正アクセス禁止法違反が増加(警察庁)

警察庁は3月4日、2009年中のサイバー犯罪の検挙状況等について発表した。これによると、2009年中のサイバー犯罪(情報技術を利用する犯罪)の検挙件数は6,690件で、前年より369件(5.8%)増加した。平成17年から過去5年間で約2倍に増加し、統計を取り始めてから過去最多

製品・サービス・業界動向 業界動向
警察庁は3月4日、2009年中のサイバー犯罪の検挙状況等について発表した。これによると、2009年中のサイバー犯罪(情報技術を利用する犯罪)の検挙件数は6,690件で、前年より369件(5.8%)増加した。平成17年から過去5年間で約2倍に増加し、統計を取り始めてから過去最多となったという。特に、不正アクセス禁止法違反は2,534件で、前年より794件(45.6%)増加し、平成12年の不正アクセス禁止法施行後、最多となった。

一方、コンピュータまたは電磁的記録を対象とした犯罪は195件で、前年より52件(21.1%)減少、ネットワーク利用犯罪も全体では3,961件で前年より373件(8.6%)減少した。ただし、わいせつ物頒布等及び児童ポルノ事犯は647件で、前年より50.1%の増加となった。サイバー犯罪等に関する相談件数は83,739件で、前年より1,745件(2.1%)増加した。内訳では、「インターネット・オークション」に関する相談が減少しているが、「詐欺・悪質商法」や「迷惑メール」に関する相談などは増加した。

http://www.npa.go.jp/cyber/statics/h21/pdf54.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×