脆弱性対策情報データベース「JVN iPedia」APIを公開、情報取得が容易に(IPA/ISEC) | ScanNetSecurity
2021.06.13(日)

脆弱性対策情報データベース「JVN iPedia」APIを公開、情報取得が容易に(IPA/ISEC)

独立行政法人 情報処理推進機構 セキュリティセンターは2月25日、脆弱性対策情報データベース「JVN iPedia」の情報をさまざまなソフトウェアから取得できるインタフェースとして「MyJVN API」を同日より公開したと発表した。「JVN iPedia」では、国内で利用されるソフト

製品・サービス・業界動向 業界動向
独立行政法人 情報処理推進機構 セキュリティセンターは2月25日、脆弱性対策情報データベース「JVN iPedia」の情報をさまざまなソフトウェアから取得できるインタフェースとして「MyJVN API」を同日より公開したと発表した。「JVN iPedia」では、国内で利用されるソフトウェア等の製品(OS、アプリケーション、ライブラリ、組込み製品など)の脆弱性対策情報を中心に収集・蓄積し、無償で公開している。

今回、「JVN iPedia」から脆弱性対策情報を取得できるソフトウェアインタフェースとして「MyJVN API」を開発し、利用の手引きや動作確認支援ツールとともに公開した。これにより、独自に開発されたソフトウェアでも「JVN iPedia」の脆弱性対策情報を利用することが可能になり、さまざまな脆弱性対策支援ソフトウェアで脆弱性対策情報を効率的に活用できるようになる。

http://www.ipa.go.jp/security/vuln/press/201002_myjvn_api.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×