サポート終了後のWindows2000サーバへセキュリティ対策を提供 (トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.16(月)

サポート終了後のWindows2000サーバへセキュリティ対策を提供 (トレンドマイクロ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

トレンドマイクロ株式会社は2月25日、サポート終了OSに潜む危険性とセキュリティ対策についてセミナーを開催し、ユーザ向けの情報提供を行った。

OSの脆弱性を悪用した攻撃は、ゼロディアタックなど日々進化しており、迅速なセキュリティパッチ適用の重要度は増している。その一方で、メーカーがサポートを終了することで、そもそもセキュリティパッチが発行されなくなるOSが増加しつつある。

本年7月には、Windows2000サーバのメーカーサポートが終了になるが、トレンドマイクロ社の調査によれば、Windows2000サーバを利用しているユーザの43.3%が、2010年7月のサポート終了後もそのまま使い続けると回答しており、危険性の増加が懸念されるという。

同社は今後、こうしたサポート終了OSのセキュリティ問題に対して、「Network VirusWall Enforcer」「Threat Management Solution 2.5」などの製品やソリューションで、パッチのあてられないシステムに対してネットワーク上で脆弱性の保護を行い、パターンファイルでは対応できない未知の脅威に対して、振る舞いをもとに対処するなどの解決策を、市場に提供していくという。
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×