クラウドプラットフォーム「Windows Azure」向けのSSLサーバ証明書を提供(日本ベリサイン) | ScanNetSecurity
2021.06.14(月)

クラウドプラットフォーム「Windows Azure」向けのSSLサーバ証明書を提供(日本ベリサイン)

日本ベリサイン株式会社は2月23日、マイクロソフト株式会社による「Windows Azure」を利用したアプリケーションサービスに、ベリサインのSSLサーバ証明書を提供したと発表した。「Windows Azure」は、マイクロソフトが2010年2月より本格提供を開始したクラウドプラットフ

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
日本ベリサイン株式会社は2月23日、マイクロソフト株式会社による「Windows Azure」を利用したアプリケーションサービスに、ベリサインのSSLサーバ証明書を提供したと発表した。「Windows Azure」は、マイクロソフトが2010年2月より本格提供を開始したクラウドプラットフォームサービス。各ソフトウェアメーカーはベリサインのSSLサーバ証明書を導入することで、よりセキュアなSaaS型のサービスを提供することが可能になる。

これに合わせ、宝印刷株式会社は上場企業等のディスクロージャー支援サービス「X-Editor」の次世代システムのWindrows Azure上での動作確認を完了し、本サービス化にあたりベリサインのSSLサーバ証明書の導入を決定した。またワンビ株式会社は、Windows Azureに対応した遠隔データ消去ソリューション「トラストデリート クラウド版」を提供するにあたり、ベリサインのSSLサーバ証明書の導入を決定している。さらにベリサインでは、Windows Azureを利用してセキュアなサービスを開発する企業を支援するために、「Windows Azureスタートアップキャンペーン」として、SSLサーバ証明書を特別価格(約20%割引)で提供開始する。

https://www.verisign.co.jp/press/2010/pr_20100223.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×