メールのセキュリティに関するガイドラインの翻訳版を公開(NRIセキュア、IPA/ISEC) | ScanNetSecurity
2021.06.21(月)

メールのセキュリティに関するガイドラインの翻訳版を公開(NRIセキュア、IPA/ISEC)

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社と独立行政法人 情報処理推進機構 セキュリティセンター(IPA/ISEC)は2月5日、NIST文書「NIST SP800-45rev.2 電子メールのセキュリティに関するガイドライン(Guidelines on Electronic Mail Security)」の翻訳版を公開した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
NRIセキュアテクノロジーズ株式会社と独立行政法人 情報処理推進機構 セキュリティセンター(IPA/ISEC)は2月5日、NIST文書「NIST SP800-45rev.2 電子メールのセキュリティに関するガイドライン(Guidelines on Electronic Mail Security)」の翻訳版を公開した。

本ガイドラインは、公開および非公開のネットワークにおけるメールシステムの設計、実装、運用に関して、セキュリティ上の推奨実践事項の説明を目的としたもの。初版は2007年2月に公開されているが、最新の情報によりアップデートされた。情報セキュリティ責任者やシステム管理者、エンジニアだけでなく、メールクライアントの設定やメールへのアクセスを行うユーザも対象として作成されている。

http://www.nri-secure.co.jp/security/nist.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×