カスペルスキー製品がGoogle AdSenseを誤検知、アクセスを遮断(カスペルスキー) | ScanNetSecurity
2021.06.19(土)

カスペルスキー製品がGoogle AdSenseを誤検知、アクセスを遮断(カスペルスキー)

株式会社Kaspersky Labs Japanは2月5日、同社のMicrosoft Windowsクライアント向け製品がスクリプト http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js を含む正規のWebサイトを誤って遮断するという現象が同日に発生したと発表した。当該スクリプトを含むWebサ

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社Kaspersky Labs Japanは2月5日、同社のMicrosoft Windowsクライアント向け製品がスクリプト http://pagead2.googlesyndication.com/pagead/show_ads.js を含む正規のWebサイトを誤って遮断するという現象が同日に発生したと発表した。当該スクリプトを含むWebサイトを訪問すると、マルウェアを含む疑いのあるサイトとして警告するメッセージが表示されていた。

このスクリプトは、コンテンツ連動型広告システム「Google AdSense」に使用されているもの。今回の誤検知は、同日10時20分頃(日本時間)に同社の定義データベースに不適切なシグネチャが追加されたことが原因だという。この問題は日本時間の同日14時45分頃に修正され、現在では誤検知の収束が確認されている。

http://www.kaspersky.co.jp/news?id=207578802
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×