ボットネット「Pushdo」によるSSL DDoS攻撃への注意を呼びかけ(IBM) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.22(火)

ボットネット「Pushdo」によるSSL DDoS攻撃への注意を呼びかけ(IBM)

製品・サービス・業界動向 業界動向

日本IBMのISS事業部は2月3日、米IBM Internet Security Systemsのセキュリティ情報研究チームであるX-Forceによるプロテクション・アラート「PushdoによるSSLを使用したDDoS攻撃」を発表した。Pushdoは、主にスパム送信に使用されるボットネット。最近では、SSLを使用している有名なWebサイトに対して分散型サービス不能(DDoS)攻撃を仕掛けていることが確認されている。

Pushdoにはダウンローダ・コンポーネントが含まれており、Pushdo自身を容易にアップデートするほか、新しいコンポーネントをダウンロードすることが可能だ。最近発生しているSSL DDoS攻撃は、攻撃対象のホストのリソースを使い果たすことを目的としており、数千もの不正な形式のSSLリクエストを送信する。これにより、機密情報の漏えいや生産性の損失、ネットワークセキュリティが危険にさらされるといった影響を受ける可能性がある。

http://www-935.ibm.com/services/jp/index.wss/press_release/secpriv/b1334092
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×