Dr.WEBファイルフィルタ for Sambaおよびfor ICAPの最新版を発表(ネットフォレスト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

Dr.WEBファイルフィルタ for Sambaおよびfor ICAPの最新版を発表(ネットフォレスト)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社ネットフォレストは2月2日、ロシアDoctor Web社のセキュリティ製品「ファイルフィルタ for Samba」および「ファイルフィルタ for ICAP」の最新版バージョン5.0を発表した。最新版では、製品パッケージにEPMフォーマットを採用し、必要なプログラムをひとつのパッケージファイルに同梱した。またX Window System環境ではGUIインストーラの利用が可能になり、ウィザードでの容易なインストールが可能となった。

汎用アンパック技術「FLY-CODE」を搭載したDr.Webアンチウイルスエンジンver.5を採用、未知のパッカーによって圧縮されたファイルの展開検査に対応した。また、webmin用モジュールの導入により、Webブラウザベースの設定変更が可能になっている。さらに、「ファイルフィルタ for Samba」ではSamba 3.4.xまでの対応やDr.Webデーモンと別サーバでの実行などが可能になり、「ファイルフィルタ for ICAP」ではURLフィルタリング機能やマルウェア感染URLの報告機能などが搭載されている。

http://drweb.jp/news/20100202.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×