日本の情報セキュリティ産業市場規模は7,268億円で世界シェア13.2%(IPA) | ScanNetSecurity
2021.06.13(日)

日本の情報セキュリティ産業市場規模は7,268億円で世界シェア13.2%(IPA)

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は1月28日、「情報セキュリティ産業の構造に関する基礎調査」の結果を発表した。本調査は、情報セキュリティ対策の普及には、情報セキュリティツールやサービスの提供事業者の活性化と貢献が不可欠であることから、日本の情報セキュ

製品・サービス・業界動向 業界動向
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は1月28日、「情報セキュリティ産業の構造に関する基礎調査」の結果を発表した。本調査は、情報セキュリティ対策の普及には、情報セキュリティツールやサービスの提供事業者の活性化と貢献が不可欠であることから、日本の情報セキュリティ産業の現状と影響を与える要素について、国際比較を通して明らかにすることを目的としたもの。

調査結果によると、日本の同市場規模は7,268億円で世界シェア13.2%であることが明らかになった。また、製品の供給主体は韓国を例外として、米国事業者の占める割合が高いこと、日本はエンドユーザに至る製品の流通パスとしてSIの役割が大きいこと、日本以外の国においては、技術開発における政府資金の活用やその民間移転の仕組み、情報セキュリティ人材の育成のための施策が展開されていることが判明している。

http://www.ipa.go.jp/about/press/20100128.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×