Googleなどを襲ったサイバー攻撃に対するセキュリティガイダンスを発表(マカフィー) | ScanNetSecurity
2021.06.14(月)

Googleなどを襲ったサイバー攻撃に対するセキュリティガイダンスを発表(マカフィー)

 マカフィー株式会社は1月20日、Internet Explorerの脆弱性を悪用し、Google社などの企業を襲った巧妙なサイバー攻撃に対し、これら一連の攻撃を「Operation Aurora」と名づけるとともに、企業がそれら攻撃の標的となっているか否かを判断できるガイダンスを発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 マカフィー株式会社は1月20日、Internet Explorerの脆弱性を悪用し、Google社などの企業を襲った巧妙なサイバー攻撃に対し、これら一連の攻撃を「Operation Aurora」と名づけるとともに、企業がそれら攻撃の標的となっているか否かを判断できるガイダンスを発表した。このサイバー攻撃は、Googleの中国向けサイトが狙われ注目されたもので、標的となる企業は増加している。

 ガイダンスによるステップは、「マカフィーユーザの場合は最新の脅威定義ファイルを使用していることを確認し、企業内の全マシンをフルスキャンする」「ネットワークトラフィックの履歴を調べ、問題の攻撃に関わっている外部システムとの通信がないか確認する」「問題の攻撃に関わる特定ファイル、またはファイル属性がないか、自社のコンピュータについて調査する」。

http://www.mcafee.com/japan/about/prelease/pr_10a.asp?pr=10/01/20-1
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×