セキュリティレポート[2009年11月]を発表(セキュアブレイン) | ScanNetSecurity
2021.06.15(火)

セキュリティレポート[2009年11月]を発表(セキュアブレイン)

 株式会社セキュアブレインは、無料Webセキュリティサービス「gred でチェック」で収集した情報を基に分析したセキュリティレポートを発表した。「gred でチェック」は、同社独自解析エンジンにより、確認したいWebサイトの安全確認が簡単に判断できるもの。今回のレポ

製品・サービス・業界動向 業界動向
 株式会社セキュアブレインは、無料Webセキュリティサービス「gred でチェック」で収集した情報を基に分析したセキュリティレポートを発表した。「gred でチェック」は、同社独自解析エンジンにより、確認したいWebサイトの安全確認が簡単に判断できるもの。今回のレポートでは、「不正攻撃サイト」が増加したものの(56件:前月比127.3%)、「危険」と判断されたWebサイトの件数は3,322件と統計開始後、初めて減少(前月比91.7%)していることが分かった。

 さらに悪質サイトの傾向を分析すると、2009年下半期は「Gumblarウイルス」が猛威をふるっており、「gredでチェック」で収集されたURLの中から、「Gumblar」ウイルスにより改ざん被害を受けたWebサイトは、個人サイト思われるものが全体の46.6%、企業のWebサイトと思われるものも41.7%確認された。被害を受けたサイトは、FTPサーバのID・パスワードを変更していないなど、適切な対処を行わなかった場合、再び攻撃に晒される可能性があるため、自社Webサイトの検査と継続的な監視等、速やかに対策を行う必要がある。

http://www.securebrain.co.jp/about/news/2009/12/gred-report5.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×