セキュリティレポート[2009年11月]を発表(セキュアブレイン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.16(月)

セキュリティレポート[2009年11月]を発表(セキュアブレイン)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 株式会社セキュアブレインは、無料Webセキュリティサービス「gred でチェック」で収集した情報を基に分析したセキュリティレポートを発表した。「gred でチェック」は、同社独自解析エンジンにより、確認したいWebサイトの安全確認が簡単に判断できるもの。今回のレポートでは、「不正攻撃サイト」が増加したものの(56件:前月比127.3%)、「危険」と判断されたWebサイトの件数は3,322件と統計開始後、初めて減少(前月比91.7%)していることが分かった。

 さらに悪質サイトの傾向を分析すると、2009年下半期は「Gumblarウイルス」が猛威をふるっており、「gredでチェック」で収集されたURLの中から、「Gumblar」ウイルスにより改ざん被害を受けたWebサイトは、個人サイト思われるものが全体の46.6%、企業のWebサイトと思われるものも41.7%確認された。被害を受けたサイトは、FTPサーバのID・パスワードを変更していないなど、適切な対処を行わなかった場合、再び攻撃に晒される可能性があるため、自社Webサイトの検査と継続的な監視等、速やかに対策を行う必要がある。

http://www.securebrain.co.jp/about/news/2009/12/gred-report5.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×