仮想化環境を守るセキュリティ・ソリューションを提供開始(IBM) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.23(金)

仮想化環境を守るセキュリティ・ソリューションを提供開始(IBM)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 日本IBMは12月15日、x86サーバ向け仮想化ソフト「VMware」を利用した仮想化環境おいて、仮想化されたシステム全体を守るソリューション「IBM Virtual Server Security for VMware(VSS for VMware)」の提供を開始したと発表した。価格は、VMwareサーバ1台につき682,000円から。同製品は、あたかも実際の物理サーバにパッチを適用した状態を作り出し、ウイルスやワームの攻撃からシステムを防御するバーチャル・パッチ機能を搭載する。

 また、Rootkitと呼ばれる悪意のあるプログラムの検知/除去できる機能を備え、ハイパーバイザー上の仮想ネットワークにおける仮想マシン間通信でも、不正侵入などを防ぐことができる。また、普段利用していない仮想マシンや新規に構築された仮想マシンなど、最新セキュリティパッチを適用していない仮想マシンを自動的に検知し、他の仮想マシンへ影響を与えないよう仮想ネットワークから隔離する機能も用意した。

http://www-06.ibm.com/jp/press/2009/12/1501.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×