USBオーディオ製品にウイルス混入の可能性(クリエイティブメディア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.22(日)

USBオーディオ製品にウイルス混入の可能性(クリエイティブメディア)

製品・サービス・業界動向 業界動向

クリエイティブメディア株式会社は12月8日、同社から10月1日以降より国内出荷されたUSBオーディオ製品「Sound Blaster X-Fi Go!」本体に内蔵された1GBフラッシュメモリに、低リスクの対策可能なワーム型およびトロイの木馬型ウイルスが混入している可能性があることが確認されたと発表した。これは、新規に同製品の製造を開始した特定の契約工場内の特定ロットでのみ発生した障害で、10月1日以降に国内出荷された「Sound Blaster X-Fi Go!」の約3,380台(12月7日時点)の一部にワームの影響を受ける可能性があるという。

http://jp.creative.com/corporate/pressroom/releases/welcome.asp?pid=13129
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×