マルウェアマンスリーレポート[2009年10月]を発表(カスペルスキー) | ScanNetSecurity
2021.06.25(金)

マルウェアマンスリーレポート[2009年10月]を発表(カスペルスキー)

 株式会社Kaspersky Labs Japanは11月5日、2009年10月のマルウェアマンスリーレポートを発表した。カスペルスキーセキュリティネットワークを採用するすべての製品(バージョン2009/バージョン2010)がインストールされたPC上の数字が集計されており、統計の対象にバー

製品・サービス・業界動向 業界動向
 株式会社Kaspersky Labs Japanは11月5日、2009年10月のマルウェアマンスリーレポートを発表した。カスペルスキーセキュリティネットワークを採用するすべての製品(バージョン2009/バージョン2010)がインストールされたPC上の数字が集計されており、統計の対象にバージョン2010ユーザが加わった結果、今月の2つのランキングでは感染件数が目立って増加していた。

 ひとつめのランキングでは、最初のアクセスで検知・駆除されたマルウェア、アドウェアおよび潜在的に危険なプログラムのTOP20をリストアップした。これにより、リムーバブルメディアを通じて拡散するマルウェアが依然として多い一方、オンラインゲームを狙ったトロイの木馬の活動が顕著になっていることが分かった。また2つめのランキングは、Webアンチウイルスコンポーネントの統計結果で、インターネットの状況を反映している。今月の状況としては、ダウンローダ型トロイの木馬 Gumblar の新しい亜種による正規Web サイトの大規模感染が特徴的としている。

http://www.kaspersky.co.jp/news?id=207581599
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×