マルウェアマンスリーレポート[2009年10月]を発表(カスペルスキー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.20(金)

マルウェアマンスリーレポート[2009年10月]を発表(カスペルスキー)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 株式会社Kaspersky Labs Japanは11月5日、2009年10月のマルウェアマンスリーレポートを発表した。カスペルスキーセキュリティネットワークを採用するすべての製品(バージョン2009/バージョン2010)がインストールされたPC上の数字が集計されており、統計の対象にバージョン2010ユーザが加わった結果、今月の2つのランキングでは感染件数が目立って増加していた。

 ひとつめのランキングでは、最初のアクセスで検知・駆除されたマルウェア、アドウェアおよび潜在的に危険なプログラムのTOP20をリストアップした。これにより、リムーバブルメディアを通じて拡散するマルウェアが依然として多い一方、オンラインゲームを狙ったトロイの木馬の活動が顕著になっていることが分かった。また2つめのランキングは、Webアンチウイルスコンポーネントの統計結果で、インターネットの状況を反映している。今月の状況としては、ダウンローダ型トロイの木馬 Gumblar の新しい亜種による正規Web サイトの大規模感染が特徴的としている。

http://www.kaspersky.co.jp/news?id=207581599
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×