SaaS型のWAFによる攻撃実態調査と脆弱性診断から、情報漏えいリスクを評価(セキュアスカイ・テクノロジー) | ScanNetSecurity
2021.06.15(火)

SaaS型のWAFによる攻撃実態調査と脆弱性診断から、情報漏えいリスクを評価(セキュアスカイ・テクノロジー)

 株式会社セキュアスカイ・テクノロジーは11月5日、「脆弱性の有無」「不正アクセス実態」「情報資産の重要度」の3つの観点からWebサイトを調査し、Webサイトから情報漏えいが起きるリスクの大きさを5段階評価する「Webサイト情報漏えいリスク調査サービス」開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 株式会社セキュアスカイ・テクノロジーは11月5日、「脆弱性の有無」「不正アクセス実態」「情報資産の重要度」の3つの観点からWebサイトを調査し、Webサイトから情報漏えいが起きるリスクの大きさを5段階評価する「Webサイト情報漏えいリスク調査サービス」開始した。

 脆弱性診断では、注文フォーム等の攻撃されやすいページ10件を選定することで調査期間を短くする。また、不正アクセス実態の調査では、アプライアンス型ではなくSaaS型のWAFサービスを使うことでコストを抑える。

 調査期間は、脆弱性診断に2日間、Webサイト攻撃実態調査に1か月間を要し、サービス料金は500,000円、2010年12月までに100社の受注を目指す。

http://www.securesky-tech.com/topics/2009/1105n.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×