無料ログ解析ツール利用結果に基づく統計分析を発表(ラック) | ScanNetSecurity
2020.10.31(土)

無料ログ解析ツール利用結果に基づく統計分析を発表(ラック)

 株式会社ラック サイバーリスク総合研究所およびデータベースセキュリティ研究所は10月1日、同社の無料Webサーバログ解析ツール「SecureSite Checker Free」の最近1年間(2008年7月〜2009年6月)の利用結果から統計データを分析し、攻撃の傾向をまとめた「【DBSL】ログ

製品・サービス・業界動向 業界動向
 株式会社ラック サイバーリスク総合研究所およびデータベースセキュリティ研究所は10月1日、同社の無料Webサーバログ解析ツール「SecureSite Checker Free」の最近1年間(2008年7月〜2009年6月)の利用結果から統計データを分析し、攻撃の傾向をまとめた「【DBSL】ログ解析から見えた Web が抱える脅威」を公開したと発表した。

 Webサイトは日常生活においても必要不可欠となっているが、情報詐取や改ざんを目的としたWebサイトへの攻撃は後を絶たず、Webシステムにおけるデータベースにも被害が及んでいる。これらの攻撃からWebサイトや重要なデータを守るためのセキュリティ対策には、大きく分けて「攻撃に対抗する予防策」と「実害を最小限に抑える事後策」があり、実装する際には合理的に予防策と事後策を組み合わせる必要があるとしている。

http://www.lac.co.jp/info/rrics_report/dbsl20091001.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×