電子文書セキュリティ分野において協業(キヤノン、アドビ システムズ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.25(月)

電子文書セキュリティ分野において協業(キヤノン、アドビ システムズ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 キヤノン株式会社とアドビ システムズ インコーポレーテッド(アドビ システムズ)は9月29日、オフィス環境における高レベルの電子文書セキュリティの実現を目指し、ドキュメントソリューション分野における販売活動においてグローバルに協業していくことに合意したと発表した。両者はそれぞれのユーザに対し、互いのソリューションを提案していく。

 今回の協業は、アドビ システムズの電子文書セキュリティーシステム「Adobe LiveCycle Rights Management ES(LCRM)」と、キヤノンの複合機「imageRUNNER ADVANCE(iR-ADV)」シリーズについて、全世界の販売活動において連携し、オフィス環境に強固な電子文書のセキュリティを提供していくというもの。 これにより、PC上で生成された文書から、紙から電子化された文書に至るまで、機密情報が不正に扱われる危険性を包括的に低減すると同時に、業務の生産性を向上させることが可能となる。

http://web.canon.jp/pressrelease/2009/p2009sep29j.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×