NGNの回線情報を利用した認証連携機能を開発(NTTデータ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.21(金)

NGNの回線情報を利用した認証連携機能を開発(NTTデータ)

 株式会社NTTデータは9月16日、東日本電信電話株式会社(NTT東日本)、西日本電信電話株式会社(NTT西日本)の次世代ネットワーク(NGN)の回線情報を利用した認証連携機能(回線認証連携機能)を開発し、動作検証を完了したと発表した。今回開発したものは、NGN経由で

製品・サービス・業界動向 業界動向
 株式会社NTTデータは9月16日、東日本電信電話株式会社(NTT東日本)、西日本電信電話株式会社(NTT西日本)の次世代ネットワーク(NGN)の回線情報を利用した認証連携機能(回線認証連携機能)を開発し、動作検証を完了したと発表した。今回開発したものは、NGN経由でサービスを提供するアプリケーションに対して、NGNの回線情報(フレッツナンバー)を共通インターフェースにより提供するための基盤。

 これにより、NGNの各サービスで提供されている回線情報を取得するための手順をアプリケーション側で個別に実装することなく、容易に回線認証の仕組みを導入することが可能となる。同機能は、「フレッツ・VPN ゲート」「フレッツ・キャスト」の2サービスに対応しているが、今後は、「ひかり電話」などで利用されているSIPを利用した通信サービスにも対応していく予定だ。

http://www.nttdata.co.jp/release/2009/091600.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×