ゲートウェイプラットフォームの最新版を提供開始(日本セーフネット) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.25(金)

ゲートウェイプラットフォームの最新版を提供開始(日本セーフネット)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 日本セーフネット株式会社は9月1日、米Aladdin社が発表した、Webおよびメールの保護と制御を行うゲートウェイプラットフォーム「eSafe SmartSuite Secure Gateway」を日本にて動作検証を行い、9月15日より販売開始すると発表した。本製品は、知的な保護と使いやすさ、バリューフォーカス管理、レポーティング機能を組み合わせた「Security that Thinks(考えるセキュリティ)」を提供するもの。

 本製品は、SafeNetが提唱するEnterprise Data Protection(EDP)、包括的企業データの保護ソリューションのひとつのコンポーネントとして、統合されたコンテンツセキュリティソリューション、データアウェアモニタリング機能を備えた情報漏えい防止ソリューションを提供する。これにより、データ流出のリスクを軽減するとともに、情報を検出、分析し、その取扱いミスを防ぎ、機密データを守るための予防策として、既存のリスクを十分に認識することが可能になるとしている。

http://jp.safenet-inc.com/news/090901.asp
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×