イーサプライに不正アクセス、5,620件の顧客情報が漏えい(山陽トランスポート) | ScanNetSecurity
2021.07.30(金)

イーサプライに不正アクセス、5,620件の顧客情報が漏えい(山陽トランスポート)

 山陽トランスポート有限会社は8月25日、同社の通販サイト「イーサプライ」の顧客情報の漏えいが判明したと発表した。これは、クレジットカード会社からカード情報流出の可能性があるため同社へ調査の依頼があり、調査の結果判明したもの。同サイトのWebサーバに対し海

製品・サービス・業界動向 業界動向
 山陽トランスポート有限会社は8月25日、同社の通販サイト「イーサプライ」の顧客情報の漏えいが判明したと発表した。これは、クレジットカード会社からカード情報流出の可能性があるため同社へ調査の依頼があり、調査の結果判明したもの。同サイトのWebサーバに対し海外(中国)サーバからの不正アクセスがあり、5,620件の顧客情報が漏えいしたという。

 不正アクセスは2008年7月10日から2008年12月19日にかけて行われ、2002年1月から2008年8月の間に買い物をした顧客の個人情報が漏えいした。閲覧の痕跡が確認された個人情報の項目は、メンバーID、サイトログインのパスワード、受注番号、名前、メールアドレス、生年月日、年齢、電話番号、クレジットカード番号、クレジットカード有効期限。同社では8月25日、サイト運営を一時休止するとともに、本件に関する問合せ窓口を設置した。


http://www.esupply.co.jp/apology.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×