BINDのDynamic Update機能の脆弱性に関する検証レポートを発表(NTTデータ・セキュリティ) | ScanNetSecurity
2021.07.24(土)

BINDのDynamic Update機能の脆弱性に関する検証レポートを発表(NTTデータ・セキュリティ)

 NTTデータ・セキュリティ株式会社は8月3日、BINDのDynamic Update機能の脆弱性に関する検証レポートを発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
 NTTデータ・セキュリティ株式会社は8月3日、BINDのDynamic Update機能の脆弱性に関する検証レポートを発表した。

 この脆弱性は、ISCが提供するDNSサーバ「BIND 9」のDynamic Update機能に存在するもので、細工された不正なDynamic Update パケットを送信された場合に、DNSサービスが停止する恐れがあるというもの。「BIND 9」の全てのバージョンが対象となり、Dynamic Update機能を有効にしていないシステムでも影響受けると警告している。

 検証では、ターゲットシステムとしてCent OS4.4、BIND 9.4.0を用意。これに細工したDynamic Update パケットを送信し、DNSサービスを停止できるかをテストした。その結果、細工したパケットの送信後は、名前解決の問い合わせをしてもDNSサーバに接続できずタイムアウトになり、サービスが停止することが実証された。ISCからはすでに修正プログラムがリリースされており、対策として、このプログラムの適用、最新版へのアップデートが推奨されている。

http://www.nttdata-sec.co.jp/article/vulner/pdf/report20090803.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×